脂肪燃焼ダイエット

溜まった脂肪の燃焼を促しエネルギーとして使ってしまうアメリカで人気の脂肪燃焼ダイエット法をご紹介します。

まずは溜まった脂肪の燃焼を促す方法(脂肪燃焼ダイエット法の流れ)について解説しますと、

有酸素運動か無酸素運動を行う → アドレナリンか成長ホルモンが分泌 →肩にある褐色脂肪細胞を刺激 → 褐色脂肪細胞が脂肪燃焼リパーゼ分泌 →血流で全身の白色脂肪細胞に届く → 溜まった脂肪が遊離脂肪酸に変換 →血流で全身の細胞のミトコンドリアに届く → ミトコンドリアに取り込む →ミトコンドリアで遊離脂肪酸をATPに変換 → エネルギーや体温維持などに使用

脂肪燃焼ダイエット法の流れは大きく2つの部分に分けられます。

「有酸素運動か無酸素運動を行う」から「血流で全身の細胞のミトコンドリアに届く」までは、溜まった脂肪から遊離脂肪酸を作り出す部分です。
特に問題のある部分は運動不足です。まず脂肪を燃やしたいのであれば運動は必須です。生活習慣として運動が少ないためにアドレナリンや成長ホルモンの分泌が鈍ったり、褐色脂肪細胞の活動が低下して脂肪燃焼リパーゼの分泌が鈍っていることが多いのです。アドレナリンや成長ホルモンの分泌を促すために、アミノ酸ダイエットやアルファルファをお勧めします。
また多くの太る体質の方が褐色脂肪細胞の活動が不活発になっています。共役リノール酸をお勧めします。アメリカでも脂肪燃焼では人気のサプリメントです。遊離脂肪酸はコリン&イノシトールによってミトコンドリアまで導かれます。

「ミトコンドリアに取り込む」から「エネルギーや体温維持などに使用」までの方法で作られた遊離脂肪酸は、ミトコンドリアに取り込まれて初めてエネルギーとなれるのです。
アメリカでの調査では加齢によってカルニチンの分泌が鈍って遊離脂肪酸をミトコンドリアに取り込めずに太ってしまわれる方が多いそうです。脂肪燃焼ダイエット法はアメリカで非常に人気の高いダイエット方法としてよく使われるのです。

posted by ダイエット食品の選び方 at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。